こんな感情がまだ俺の中にあったなんてね。

実家出てからあんまり煮えたぎる怒りみたいなものは感じたことなかったような気がする、気がするだけかな(笑)、イラっとすることなんてのは日常茶飯事なんだけど。

 

すっごく気持ち悪いな。

 

「それ」が、有用な情報だと思って言ってくれたんだろう。

自分は「それ」を知っているということを、出さずにはおれなかったんだろう。

「それ」はお酒の席での世間話だったんだろう。

 

ただ、

「それ」を口に出すことで、あんたは何をひょうげんしたかったんだ?

自分自身のことでもないのに、他人の心のことに親身になった結果か?

あいつの口から俺に伝わってじゃあそのごく個人的な「それ」を、俺がどう受け取るか、傷つくのか、諦めるのか、

悟るのか、どっちにしろ、ネガティブな方向に気持ちが傾くとは多分思わなかったんだろうな。

 

俺は「それ」を聞いていない。聞かないという選択をした。

「それ」があるということは聞いた。でもそこまで。

 

あいつは「それ」を言わなかった。それはあいつの優しさだと思った。

確かにあるらしいと言われたときは、

なんでそんなこと言うんだ!!と思って、頭ン中がぐるぐるして、心がはちきれそうになって、

聞きたい聞きたい聞きたい知りたい。

気になって仕方なくて、あいつを責めてしまったけど、

それは間違い。俺を傷つける意図で、あいつが言ってしまう選択もあり得た。でも、

これを言うべきかどうか迷ってる、と言った。

俺が知る方がいいのかどうか、と。

俺が選べるようにしてくれた。

 

とんでもないバケモノかもしれない「それ」を、自分のところで留めてくれたんだ。

そんな「それ」に俺は負けない!と思って、ぶっちゃけ一瞬聞きそうになった。

どんなことでも受け止める、と思って。でも順序がおかしいよな?本人のことなんだから、本人の口から聞くべきことだろ?俺に「それ」を言わないってのは、本人の選択だろ?

あいつが俺を傷つけようとするなら、それは当然のことで、それは、権利だ。

 

でも、あんたは?

あんたが誰なのか俺は知らない。

これもぶっちゃけ一瞬聞いてしまった、でも踏みとどまった。

聞かなくて良かった。多分これも、あいつの優しさで、俺が呪いを受け取るのを防いでくれた。。

 

ねえあんたそこにいる?

ありがとう。俺の中にまだこんなに噴き出る感情があったんだと感じさせてくれた。

俺の心は変わらずだけど、大事にしたいことを分からせてくれた。あいつに呪い背負わせて、俺に届けようとしたみたいだけど、残念だったねえ。あいつの愛の方が、勝ったみたい。

まあお酒の席で、そんな話で盛り上がったのはあいつも同じだったかもしれないけど(笑)

 

 

すんごい学びだわ

 

 

俺の世界にあんたは要らない。

誤解されるのも覚悟で言うけど、呪いを持ってくるようなあんたは、要らない。

あんたは、俺自身。

今幸せですか?

毎日好きなことして充実してますか?

好きなことを好きと言えてますか?

嫌なことを嫌と言えてますか?

自分の世界は自分が作ってるんだと自覚してますか?

全ては自分が選んでいるということを知っていますか?

 

こうやって小一時間パソコンの前に座って、

僕は自分自身と向き合っている。

ほかの誰でもない。

 

どろっどろの自分。

ただ欲を満たしたいだけの自分。

欲しくてたまらない自分。

報われたい自分。

傷つきたくない自分。

何書いたっていいはずなのに、こんなこと書いて大丈夫か不安になる自分。

こんなに心かき乱されても、オケの音源聴かずにはおれない自分。

ショックで口も利かずに布団にくるまってるあいつに何もしてやれない自分。

それでも自分の心が嘘をつけないと叫ぶ自分。

 

でも先はどうなるかなんて、分からない。「そのとき」になってみないと、分からない。

「そのとき」嘘をつかないように、するだけ。怖れをなくしたいけど、難しい。

 

ねえ、もっと愛しあおうよ。

誰かとじゃない、じぶんとだよ。

 

 

 

 

耳が超熱くなって。

寒いし風も冷たいはずなのに、耳はすぐ冷えて冷えすぎると頭まで痛くなるのに、

ずっと赤くて熱い。

 

どんな顔をしているのかなんて分からない。恥ずかしい顔してなきゃいいけど。

伝えること。これはゴールではない。

 

これは言ってみれば自分との闘いで、

どんだけエゴを殺せるか。

不安や恐怖、快と不快を思考してしまうこと、受けとるのではなく決めつけてしまうこと。

自分が本当のところ、何を望んでいるのか。

 

今一番怖いとおもってることをすればいい。

そこは最後の砦。自分の一番大事な部分。

 

ヨーダが言ってたんだ、自分の一番大事なものをあげるねん、って。

芝居の本質。愛。

文字にすると分かりそうになるけど、実は「分かる」ということではない。

 

古橋悌二の『memorandum』をちょっと前読み返していた。

自分のHIV+を友人へカムアウトする手紙の中で、こんなことを言っている。

 

「アーティストは愛を語る人ではなく、愛そのものでなければならない」

 

〜ねばならないなんて言葉にはどんなことでも賛同し兼ねるものの、(自由主義なもんで)

これに関しては僕に強烈な印象を今も与え続けている。この手紙と出会った12年ぐらい前から。

 

時代とエネルギーが猛スピードで変化している。

自分の好きなことをやっていい。信じること。うまくいかない、それが出来ないからといって他人を責めてはいけない。

全て自分の身を振り返るための景色。

 

 

いつ何が起こるか分からないので何度でも言いますね。好きです。

ほんとにいつ死ぬかなんて分からない。僕はありったけの僕でもってぶち当たりにいきます◎

去年とはわけが違います。覚悟してください(笑)ってもう今年も終わりそうやがな。

言っときますが自分のため以外のナニモノでもありませーん。

 

In the Aftermath.
I'm not Alone.
全ての恋する人へ

 

10月6日、AM3:39頃で、満月でしたね。

いうたら昨日の深夜やねんけど。

昨日は夜、午前サマで仕事から帰って、すぐ石を浄化装置の中に入れて、

そしたら相方も帰ってきたのでそっちの石も浄化して、一旦石を取り出し、

次は風呂入ってる間に浄化装置の方を塩水で浄化して、

 

風呂上がってから全部外に出して月光浴。満月の日に外に出すんではなくまさに満ちるときに月光にあてることでパワーが増すらしいです。それやってたのが1時半ぐらいで、30分もしたら全部中にいれようと思って、たらうとうとしてしまい、4時前ぐらいにはっと目が覚めて、あ、石が呼んでらあ!っとそそくさと中に取り込みました。(洗濯物か!)

 

 

で、今日。休みだからいいんだけど、朝からとっても眠たい眠たい。

体もすんげえだるくて、食欲も沸かないし、起きたり寝たりの繰り返し。

生理は3日目。でも生理がしんどいわけではない。

今年はなんと生理周期が、5週間空いて次がやってくる。8月の生理が終わったときに、この感じだと9月は来なくて10月の初めだな・・・と思ってたら本当にそんな感じだから驚きモモノキだ。(古い)

 

経血自体もどろどろしてなくて、さらっとした感じになってきてるし、いや正直2日目は確かに少ししんどい。このまま周期が確実に読めるようになれれば、2日目は必ず休みにしてやって、労働とかはなんにもしたくないところ。

なんだか生理発表のブログみたいになってるけど、ここんとこ本当に不思議なぐらい嫌じゃないから

単純に嬉しくてね。

でも昨日一昨日も例の役者修行で某島に行って仕事してきたんだけど、集中してると気にならなくなるし、

ていうか、ほんとに、門田草は只今絶賛修行中だよ。

一昨日から新しいポジションやらせてもらってますが、自分で導入から終着点までを操れるようになるには、ほんと、数をこなすしかないよね。経験だけがものを言うよね。。

言うなれば一日6回公演(から15回公演ぐらい)のインプロと本番を超凝縮してやってる感じ、、

そのときそのとき、タイミングがつかめなければ終わりだ。

ヨーダの声が聴こえる。。

 

オペレーションであるとか、段取りとか、そういうものが大の苦手。もしかしたら今ではそんなに出来てないわけではないのかもしれないけど、(実際もうやってるわけだし)

大学卒業してから、オーディションに受かって出た舞台を思い出す。

知る人ぞ知る(笑)『どくりつ こどもの国』

ちょうどあの頃は第一次安倍政権だった。そんなことを含めての内容の、子供向けミュージカル。

 

初演は伊丹でやって、

次年度に再演して地方を周るっていうのが企画としてあって、あれは三重に行ったときやったな。

休憩終わりのあるシーンでマイクを使うので、2部が始まる前にマイクを上手に持って来とかなあかんかった。

早替えだとかなんだとかあるところで、女子の早替えをするために上手に衣装さんも控えてて、ダーッ!!

と駆け込んで自分の早替えしたッ!とマイクをとろうとした時だった、

 

 

・・・俺のマイク無い・・・

 

いや無いワケない、でも無い・・・

 

 

無い無いとしか言えずにフリーズしてしまってた(笑)ちょうどそこに舞監さんがいて、俺がマイクが無いんですとか言ったと思う、衣装さんも女子の早替え手伝いながら、内心何言うてんねんこいつと思ってたやろうな、、そしたら

舞監さんが一瞬にして消えて、一瞬にしてマイクを手に戻ってきてくれた。

 

なんということでしょう。。

ていうか無い無い言うてる間に取りに行きゃ良かったのに、全然そんな頭になれず体も動きませんでした笑

本番が終わって色んな人から色んなことを聞いたけど、舞監さんが飛ぶように走ってくれて周りの人もなんだなんだという感じだったらしい、

本当にあの時はお世話になりました

段取りの間違いってーと、このエピソードがすぐ頭に蘇る笑

 

 

そんなことを思い出しながら、段取りの修行かー!と、某島でのとあるポジションを必死になってやってたんだけど、

ひとつなんとかなり始めたと思ったら、新たな試練が来るのよね。やーね、もう。

 

でもそんなことも有り難く思いながら、

しかも最近は好きな人のことで内心浮かれているので、

毎日楽しいですテヘペロ。

 

でも今日に限っては満月ということで、なんだかもう切ないわしんどいわ。。

こんなに好きになるはずでも無かったと思うんだけど、でもしょうがないよね、気持ちはコントロールするもんじゃないしね。近いうちに言えたらいいなと思うけど、なんかそういうのってどういうタイミングが良くて、どういえばいいのか分からない。

実は自分から好きになった人とは上手く行った試しがない。そもそも行動に移した分母が無いに等しいけど。

 

はるちゃんがブログに書いてくれてた。

ーーー人を愛するって、 

   一生懸命でいいし、

   かっこ悪くっていい。ーーー

 

映画、『パーフェクト・レボリューション』を1日に観に行きました。

ぜひ観てください。

子宮委員長はるちゃんと、元カレの話をベースにした、しかし実際に言ったというセリフも怖いぐらい心に響く、

良い映画です。

 

http://perfect-revolution.jp/

 

 

 

 

とてもくだらないことですぐ自分を見失います。

そんな、自分を大事に出来なかったことによって左足首を痛めてしまい、びっこをひいている。

実は普段どんだけ楽しくストレッチできてるかを知る(笑)

 

あれ?ってか8月なんにも書いてない!あれ?8月早くない?31日あるはずなのに早くない?

8月は粛々と進み終了した。。でも色々なことが動いた日々だった。

そう、仕事を手放した。

無印カフェの仕事、契約社員を辞めてアルバイト契約にして最低限の時間数だけにして、

新しく始めた役者としての仕事を割合を増やして、

やりたいことの方に比重を置いて、もっと好きなことをたくさんできるようにしようと思った。

 

去年も一大決心してバイト辞めたときに、これで自由に好きなことやる!絶対!と思って辞めたはずやねんけど(笑)

同じこと繰り返すねんなー。でもまた気づかせてもらってんなー。

 

今年後厄なんですよね。去年からの膿出しが上半期は続いてて、でもほんとに変容の時期だったんだなと、振り返ってみてから分かるんだな。

ここんとこ占星学、ホロスコープが面白くて、きゃいふぉぉにゃぁ(カリフォルニア)在住のエネルギーナビゲーターの方の話が楽しくてずっと聞いてて、

こないだ8月22日の皆既日蝕、などなど含め今年のエネルギーがどんだけすごいか、もう押し殺して黙ってる場合じゃない、

やるなら今でしょ!って感じの流れがどしどし来てるということがビンビン感じられる。

とは言え。

心はとっても正直だけど、

頭はとってもリスクテイカー。

 

でも、もう、やってまえ!

やらずにいられないこと以外は、切ってしまえ!!

 

確かに料理は楽しい、今の場所も、人もすでに愛してしまっていて、、

でもこれだけをずっと続けていきたいか?

ずっと食べること好きだしバールワンやってたから再び飲食の方へ職を決めたけど、

 

 

「で、ほんとはどうしたいの?」ってこと。岡田さん(はるちゃんの元旦那さん)この言葉をありがとう。

 

 

 

話は変わりまして、

今相方が借りてきてる韓流映画が、もう、超面白い!!

イ・ソンミン主演、『記憶』

イ・ソンミンは前からドラマの中で気になってて、こないだ俺の大好きなファン・ジョンミンが出てる映画に共演してて、そこでもめっちゃええ芝居してて、最近ファンジョンミンの次に好き。

敏腕で大手の弁護士事務所でお金のために汚いこともする弁護士が、若年性アルツハイマーになって、

人生において何が大切か、後悔しないように生きるということに気付いていく、

もうほんとにドラマに全く興味のない俺が唯一韓流ドラマは見てしまう。

 

相方と一緒に観ながら毎回涙してしまう。ほんとに役者さんも素晴らしくて!微妙な心情とか、行動とか、全部見てて分かる!今何が起こってるのか、何を思ったのか、

記憶が無くなっていく、忘れている、っていう難しい芝居やんなあー。その瞬間忘れてて次の瞬間思い出すっていう、なんかもう、観ててめっちゃ感動すんねよなあ。

 

その中でこないだ観た回が、無料相談のコマーシャルを見て事務所に相談に来た女の子が、ワケあって、窃盗をしてしまって、相手から訴えられて、、でもどうしたらいいかっていう話があったんやけど、

色々理由やバックグラウンドなど間は省くけど、

決着が付いたあとに法廷で判事が、ワケアリとはいえ罪を犯した女の子に、私のいうことを今から復唱しなさいって言った言葉が素晴らしかったので、載せたい。

 

*******

 

私、○○は、

世界で一番 大切な存在だ

私は特別で 愛される資格がある

私は世の中に負けない

私は一人ではない

 

*******

 

 

今とっても好きな人がいる。

これからどうなるか分かんないけど、やっぱりすきだなあと思う。

ああ、やらずに後悔するよりやって後悔する方がいい!!

その体験が欲しいだけかな?!でも心で正直になると好きしかないねんもんなー!!

 

自分に正直に生きたい。生きよう(笑)。

 

お前がどう思うかなんて俺ゃ知らんがな!!好きにするわい!!

と、今まさに子宮から言われてます。

はい、そうっすね、あなたには敵いませんわー。。

 

なんだか溜まってたのか、とりとめのない本日。これにて閉経!!次はBLの話がしたい。

 

 


パッヘルベルのカノンを聴いている。

昨日、上海太郎カンパニーのアカペラライヴ『BRAVISSIMO!』の公演に行ってきた。

すごくすごく良かった、面白かったし、作品へ、お客さんへ、劇団員へ、空間がとにかく愛でいっぱいで、

 

クラシックの名曲に上海太郎さんが歌詞をつけたのをアカペラで歌うねんけど、

歌詞と、もちろん芝居アリで、その演出もとにかく面白い笑笑

そしてパートごとに難しいことを皆さんが素敵にやってのける。

合間の上海太郎さんの喋りも面白くて、なんであの時観に行かなかったんだと、昔やってるの知ってたけど行かなかった公演があったのを思い出した。

 

ライヴにはアンコールがつきもので、ご多聞に漏れずアンコールが1曲用意してあって、

これがもう、ガツンときた。ズキューンでもいい。なんならバシャーン!!でも。

それがパッヘルベルのカノン。

始まった途端に、そうか、これか、と思った。

こんなけおもろいことめちゃめちゃやって、楽しませて笑かして、

でもほんまに一番言いたいことはこれなんや

って、ズキーンと来た途端 涙が出てきて、歌詞はあるんだけどそれまでのネタとは違って、あまり整合性の無いような、ぱらぱらとした歌詞だけど全て一貫しているような、

もうなんだか心がわなわなしちゃって、涙が止まらない。

帰りにバタさんに挨拶するときは大丈夫ッと思ってすーんと帰ろうとしたけど、やっぱり顔見た途端に声が震えてしまって、泣いてもた笑

バタさんは俺が凄く良かったって言うてることに凄く喜んでくれて。

 

 

 

ひとりで歩いてると思ってたんだけど、

ちょっと視線を動かせばあっちやそっちに一緒に歩いてる人がいて、

いつの間にか隣に歩いてる人がいて、

一緒だと思ってたらちょっと重なってるだけで実はそれぞれ別々の道だったりして、

なんやかんやしてたら

後ろのほうでも声がしてついてきてる人がいたりして

キモいなと思ったけど超嬉しかったりして

もともと少し先を歩いてくれてる人がいて、

遠くのほうでいちいち振り返りながら歩いてる人もいて、

 

実は上にも灯り持ってじっとこっちを見てるやつもいて、

すると下には鏡みたいに足の裏から向こう側に広がって存在してる俺がいて、

うん

もうこの辺でいっか(笑)

カノンを聴きながらこれまでの連なりによって存在してることが奇跡やなあと思う次第です。

 

とりあえずいつもすぐ忘れてしまうんだけど、

なんのためにやってるのか、自分はどうしたいのか。

不安からじゃなくて、信じることを信じるままにやっていこうっと。

ってまたすぐ忘れてしまうから(笑)周りの人にほんとに良いタイミングで思い出させてもらう。

とにかく自分ひとりでなんとかしようとしないこと。

これは耽美展終了後にすごく感じた。

ひとりで頑張るなんて、限界しかなくて、どうにもならないんだって。

 

カノンの作業用BGM、とうに1時間終わってしまったー!

早よ寝な!!

(つ∀-)オヤスミー

 

いつも読んでくれてありがとうございます◎