今年に入って、1月、2月とお芝居出さしてもらって、
5月はライブがあり、
3月4月なんもないなあ思てて、
1月で運命的な出会いをしたのもあって、
今年こそ自分で作品を作ろう、表現しよう、と決めたところやった。
 
これまた以前知り合った絵描きさんの主催する展示会の内容と場所が気になって、
行ってみたら意外にも自分の欲求と、金銭的にもマッチした場所で、
ほかに探すのも面倒だというのもあったが、
やはり運命を感じてそこに決めようとしたところ、
 
数年前から世話になりっぱなしの、大好きな友人が、初ソロでライブに出ることになって、
その友人が主催する宇宙ビールという表現カンパニーで去年初めて共演した二人と、
まさにタイミングと、趣向と、雰囲気がマッチし、
半ば勢いと盛り上がりだけでライブ後に3人マクドへのりこんだのだが、公演しようという話が出来上がった。
 
僕がドラァグクイーンはやりたいということと、3人とも面白いことをやりたいということ以外
なんにも決まってなかったけど、
なんかとっても面白いことになりそうだという予感が半端なかった。
ひたすら自分たちが思てること考えてることを喋ったくって、
終電で帰った。それだけでもう面白かった。
 
まさかこんなに自分の人生変えられるようなものになるとは、
でもそれを期待して、なにか変えようとしてやろうとしてたのは確か。
自分が変わりたかった。
まさにそれが達成され、あることがぐいーっと変わった。180度へ一歩ずつ近づいてたのが、まさに180度になった。
 
子宮委員長はるちゃん、ひいては性、
をとっかかりにして、体へ、心へ向き合うということ、大事にするということ。
これを求めてた、この感覚や!ということ。
コメント
コメントする