トイレは本当に悩みどころ。

 

琉球新報さんのこちらの記事を知人がフェイスブックでシェアしていて、

「誰もが使いやすいトイレって 〜性の多様性から考える〜」

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-480125.html

 

あーーーと思い出した。

今となっては時と場合でどっちでも入れるときもあるけど、やっぱり男子トイレに入るんだけど、

ときには絶対マスクつけとかないと落ち着かなかったりもするときも、まだある。

 

中学高校は当然のように女子トイレを使ってた。

中学んときは自分のアイデンティティ移行中だったし、

高校んときはスカート履きたくなくて私服校へ通ってたものの、自分の存在が何か分からなかったし。実は男子の友達を避けて作らなかったのもあって男子トイレに入るなんて考えもしなかった。

高校3年のとき、金八先生の上戸彩がキタんだよね。これで分かった人っていうか、衝撃を受けた人は多かったはず。

ただ、よそへ遊びに行ったときはどうやったかな。

旅行先とか。。あれー、男子トイレ入ってたっけ?思い出せない!誰か教えて!笑

多分男子トイレ行ってたかと。。

 

 

本格的に男として生活しようとしたのは大学に入ってからで、でもすぐあるところで挫折するんだけど、

トイレは男子トイレに入るようにした。

それが当然だと思ったし、でも間違いなく居心地は悪かった。

 

 

トイレにもメジャーとマイナーがある。

 

誰もが使うトイレはメジャーなトイレ。

マイナーなトイレは、使われてない教室に囲まれてたり、上の階の方にあるトイレだったりする。

誰も来ないトイレというものがある。

そこを選んで使ってた。から、いつでも好きな時にトイレ行ってない。我慢して、人が入っていくのを見たらもうアウト。何箇所か自分の中で使うトイレ決めてて、次のトイレを求めて移動する。

トイレジプシーか。

うわーめっちゃ思い出した。10号館の8階にある実習の教室の時は、一つか二つ降りるか上がるかしてトイレ行ってた。

あとは、人権の先生んとこ行ったときに、そこもあんまり人が来ないから、よく行ってたし、、

そうそう、駅のトイレなんて怖くて入ったことなかった。絶対誰か入ってるもんね!

僕の場合はFTMだったので、個室に入ることになるし、それも恥ずかしくて。

前の店で働いてるときも、日によってなんなく男子トイレ入れる日とそうでない日があって、更衣室は2階にあったけどトイレは3階に行くとかしてね。

あと困るのは生理のときね。ナプキン剥がす音とか、つける音とか、普通のオトコからしたら、何ガサガサしてるんだって感じだし(笑)これは今も。

ただ前の店は古いビルで、おっさんとかがたまに下で買った本をがさがさしてたり、なんだかカオスな雰囲気が許されるような場所だったから、空気的に大丈夫なときもあったりもした。まあそれでもいつもじゃないわな。

 

 

誰が見ても自分の望む性別で通せることを「パスする」といいます。

せやな、パスできることがどれだけ大事やったかっていう日々もあった。

誰かが入ってるだけでもう居心地悪くて、確かに罪悪感もあって、

知らない人が入ってるんだったらまだマシなときもあって、同期とか、見知った人と鉢合わせるなんて絶対ゴメンやから、

学内発表の稽古のときなんて、絶対タイミング外して行くか、トイレ行かなくていいようにする。

 

それは卒業してから、芝居するようになってもずっとそうだった。

なんでもないフリをしてトイレ行くけど、鉢合わせるとやっぱり緊張して。こういう存在なのはもう諦めてくれって思ったりしたけど、実は自分が一番諦めろよって感じやね。

 

トイレは深刻な問題で、行けなくて行けなくて、膀胱炎とか、ひどくて腎炎になったなんて話は学生のときよく読んだり聞いたりした記憶があるし、

 

どっちに入ろうが俺の勝手とは思うものの、できれば多目的トイレのような、一人ひとつのトイレになればいいのにと思っている。

だから劇場でも一つしかないトイレってのは逆に好きだし安心するのよ(笑)みんなそこしか入れないわけだから

 

ただね、「ワタシ」に問題があるんじゃなくて、トイレに問題がある

ここは、もちょっと僕を含めて、自由になれたらいいんじゃないかなって思うのね。

多分愛せるようになると、どっちでもよくなるんだと思う。。なんとなく。

自分を愛する。ひとを愛する。

 

それは自分とかセクシャルマイノリティだけじゃなくて、フツーとされるほかの人もね。愛せるっていうことが一つあると、誰であろうと、トイレぐらいいいじゃないって、なれると思う。

受け入れられないからね、自分を受け入れらないと、人のことをね。お互いね。

なんだかトイレだけのことじゃなくなってきた。

 

でもそういうことをこの1年間でめっちゃ学んできた気がする。

Rainbowlsのイベントやってから、もうすぐ1年。このブログ初めてからもうすぐ1年。

 

俺が子宮男子になってから。もうすぐ1年☆

ハピーバースデイか!!

 

 

 

あ、そうだ、なんか、めっちゃびっくりしてるんですが、フェイスブックでこのブログ、シェアしてくださってる方いますね!

超嬉しいんですが、カウンターの数だけ見れて、

こちらから誰がシェアしてくださってるのか分からないので、ここでお礼申し上げます。

興味持って下さりありがとうございます^^

 

で、ここ最近、知らない方からの友達リクエストいただいたりしてるんですが、

多分ちょっと前にお気軽にリクエストくださいねみたいな事書いてたからやと思うんですが、

僕としてはリクエストだけいただくのはあなたの感じがよく分からないので、

一緒にメッセージかなんかいただきたいです。

 

最近自分の考えもちょっと変わってきて、あんまり人の情報が欲しくなくなってきて、あ、違うか、そういう情報もあるということが分かってきて。

人を選びますが悪しからず。

 

でも本気の人とつながっていたいのです。

と自分に言い聞かせているんです(笑)

 

最近また良い出会いが多くてほんと幸せ💛

ではまたー!!

 

 

 

高校のときは漫研を作った。

 

高校に入ったら漫研に入ってエンジョイするというまさにヲタクな夢があって、

受験のときはもうスカートなんか履くもんか、 絶対私服の学校に行くと決めてて、

めっちゃ楽しい高校生活になると期待に胸膨らませて、

クラブ案内見たら、漫研が無かった。

 

あるはず!高校の案内には載ってたから、あるはず!なんで?

と思ってなんらかの形で誰か先生に確認したんやと思う、いつかの卒業した人たちがやってて、今は無くなった、とか。

 

絶望したー。絶対あると思ってたのにー。

だったら作ってやるわ!と思った。

 

ほんで自分の好きなように活動するわ!

 

たまたま同じクラスに二人ほどヲタクがいて、一緒につるむようになったのは何がきっかけやったのか、

でも漫研作るっていうのに賛同してもらって、そこからなぜか人が集まり出し、

最終的に同じ学年に8人ぐらい入部者がいた。

 

俺が部長で、U田が副部長で、K村が書記?みたいな感じで。

主な活動は、部誌を作ること。漫画の貸し借り、語り合い。絵を描く。

本当に俺が勝手に決めたような気がするけど、決まった放課後にただ集まって、何するかともなく、次何するかとか喋る。

 

僕は部誌を作りたかった。

ツキイチぐらいで作りたかった。

ほんで作った。


顧問の先生はその昔あったのであろう漫研の元顧問してはったとかの先生を見つけて、その人がやってもいいと言うてくれたので、お願いした。


部誌は、みんなそれぞれ好きなことを書く。誰が待ってるでもないのに、この部誌を見るであろう人に向かって喋りかけるように書く、描く。


ただ、この漫研は、同好会。部として認められてる訳じゃなくて、別にどんな活動をしても良くも悪くもなく、

僕は最終的に、高校卒業するまでに部になる目標でやってたけど、


え?その作った部誌はどうしたかって?

各教室に配るのだよ。


まず一ヶ月の中で締め切りを作る。この日までに一人一人原稿を上げる。

それをページ構成する。

ここまで放課後。


翌日の早朝、2人ぐらいで6時ぐらいに学校行って、先生用の印刷機貸してもらって刷りまくる。

刷った部誌を教室に運んで折る。ホッチキスでとめる。


部員分と、プラス27部。

一学年9クラス➕三学年。各教室に配る分。

勝手に封筒を切り貼りして、部誌置き場を各教室に作った。

勝手に部誌を配った。

朝登校してきたら後ろの掲示板の隅に富高漫研と書かれた題名のザラシの冊子が置いてある。

最初見た人はどう思ったんやろう。。ナニコレ?

そんときはそんなことはどうでもよくて、ただただ自分のイメージ通りやりたくてやってたので。


そんな風に今やってることって無いなーというお話。

でもきっと今の状態も自分で決めてやってるだけの話。


この漫研は勝手に新入生勧誘もやってたのですが、やっぱり好きなやつはいるね、後輩も入って、俺が2年のときに同好会になって、、


今は文芸部として活動されてるようです^_^

なんで今こんな話かというと、

こないだ読んだ本で、17歳のときに自分の本質は決まってるみたいな本読んで、すげえ高校のときのことを思い出したから。


高校のときに好きだったものを思い出して、そういうのってやっぱり今でも好きで、でも思い出せないこともいっぱいあって、それがなんだか切ない。


 

昔のコールセンター時代の友達が、フェイスブックで俺のこと見つけてくれて、ブログ読んだよーって友達リクエストくれて、

超嬉しかった。

 

 

エロスは大事。エロスは愛であり、笑いであり、癒し。

去年みわこさんから子宮委員長はるちゃんを教えてもらったと同時に、アースジプシーさんや、ひとり宇宙の劒持奈央さんとかも教えてもらった、

ひとり宇宙ってのはひとりえっ☆ちのことです。(なんで間に☆入れるのかは、はるちゃんのマネ。多分変な検索に引っかからないため?)

 

最近全然してなかったなー、ひとりえっ☆ち。

ていうか、自分のケアを全然してなかった。

2月3月、本当にしんどかった。やっと終わった。。と思った。

 

他人の軸に合わせてしまうと、期待に応えようとして、自分の軸を見失って、どこにあるかも分からない「正しいこと」をしようとして、

結果カラダ壊す、気づくと心も壊れてる。

 

 

本当に、自分の軸を保つってのは大変。気持ちだけでは到底無理だと思い知った。

カラダとも補い合って、やっていくこと。瞑想は大事。

瞑想で芯を通す。

瞑想以上に効果があるのがひとりえっ☆ち。なんてったって気持ちいい。

ただ、エネルギーがいるから、本当にねむたいときは少しの瞑想にしておく。

ちょっと前にクンダリーニエネルギーの説明をしてもらって、

下から上に突き抜けるエネルギーが、そのまんまコレだと思った。

 

あるものは使わなきゃね、昔ある人に言われたこと思い出した。

持ってるんだから、使わなきゃ損だしって。

 

 

自分の奴隷になること。

要らないものは捨てること。

 

欲しいものは追いかける。

難しいけど、やってみる。

 

楽しくなければ意味がない。

 

そうそう、前いたイタリアンで、毎日ニンニク食ってたんは、個人的にすげえ健康的やったんかもーと思ったー。

 

やっぱりちょっと熱っぽいな。。散歩にでも行こうかなと思ってたけど、寝よう。

 

参考までに☆

劒持奈央オフィシャルブログ

「幸せなセックスの見つけ方」

http://ameblo.jp/re-born68/

 

 


こないだの夢は衝撃的。

芝居で裸になるっていうのがあって、

それまでに紆余曲折あるものの、やってしまうとすっっっごい解放感に溢れ、

全てはこのためにあるって思った、なんという幸せ。

 

その晩パワーストーンつけて寝てて、

なんの示唆か、、、笑

すげえ象徴的

でもこういうことやでって教えてくれてんねやろなあ。

 

髪の毛薄くなった知り合いのアタマむっちゃ掴んだりもしてた。

 

 

今月始まった途端に、

去年救急車乗ったときと同じところが痛み出し。

めっちゃ不安に襲われ、でも痛みがどうすればおさまるのかは分からないし。

去年救急で血液検査も電極つけるみたいな検査も尿検査もやってもらったけど結果全くの異状ナシやって、

胃が痛いんやろうということしか自分でも分からないし、

そのときは仕事休んで数日経つと自然とおさまったんやけど。。

 

まさかまた同じとこ痛なると思わへんし、

ていうか、またストレス?!なんで?!て、この状況で自分がストレスを感じてるのかっていうことの方が怖かった。

 

結局2日間仕事を半ドンして、稽古も休んだし、2日目の夜に、相方が夜までやってる病院探してくれて、

行ったほうがいい、一緒に行くよって言ってくれて、ようやく重い腰を上げて病院行った。

 

胃が痛いもんやとばかり思ってたけど、朝食べんと行った仕事中、お腹が空いてぐるぐる言う胃の位置と、

しゃがんだりひねったり動くと突き刺すような痛みが走る位置と、ちょっと違うことに気付いた。

ちょっと待てよ、と帰り道電車で内臓の位置を検索したら、

もしかすると膵臓とか、脾臓の位置?この背中左側の後ろらへんの位置は・・・!

 

そこでまた不安になるけど自分ひとり病院に行こうとは思わへんのはなんでやの。笑

で、診察してもらうときに、ここが痛いっていうことを伝えたら、

筋肉痛か神経痛〜

と言われて、???

筋肉痛はないやろ・・・と思い、

膵臓とか脾臓ってことはないですかと聞いたら、

位置としては腎臓のあたりやし、でももしそこらへんの内臓が悪いと、大の大人でものたうち回るような痛みになる、と言われて、

ああそういえば、尿路結石とか、膵炎とかになったら、もっと痛い、というようなことを去年も言われたなあ、と思い出し、

 

あ、そっか。と腑に落ちた。

もしもっと痛くなるようであれば、CTも撮れるから、痛み止めで脳をごまかすのも良くないし、

経過観察の方がいいと思うよ、というような良い先生だったので、

その日は診察だけ。

で分かったことは、最近確かに、過食気味だった。それもたぶんストレスで。

で、過食になると胃を痛めるんやけど、人間、痛いところは庇おうとして、ちょっと傾く。

で胃のある左側を庇い続けて傾き続けた結果、そこら辺の神経だか筋肉だかに負担がいって、痛くなった、、

んちゃうかなと分析してみた。。

 

ヨガやってるって言ったけど、なんのため。。笑

胃をケアするための方法は知ってるけど、そういうのやるのも面倒くさくなるよな。しんどいと。

ちょこっとずつやってるつもりではあったけど、追っつかんねよな。

 

新しく始まった仕事頑張ってたっていうのもあると思うし、

稽古にしても、ちょっと登校拒否気味だった。

何かにつけてしんどかった。2月。

 

残り800円ぐらいまでギリギリになったところで給料とかが入って、そこは解消されたものの、お金があると、買ってしまう食べるもの。

アイス、ケーキ、甘いもの、、、

そりゃあ食べたいんやけど、おそらくストレスも手伝って。食べられる時に食べとかないと、ていう、前向きではなく不安からくるものもあって。

 

 

で痛めてた胃。。

なんていうか、不安だったのね。

仕事始まって、好きなもん買えて、芝居も出来て、なんやろう、すげえ幸せやなって思ってたのは思ってたけど、

そう思いこもうとしてたのかな?

 

何が不安やったんやろう??

俺は何を望んでるのか?

 

したいことをしてるはずなのに、しんどくなるわけがない。

満たされてるはず。

なんか違う。

 

 

 

 

 


すね毛が割と生えるんですけど。

女子としては、やだなっていうぐらいは生えてて、男子としてはまあ普通かなって程度。

見た目で女子と思われる場合はわざと足出して男子ですよアピールをしたりしてました。

 

でもなんかまばらにしか生えなくて。

生えるところと生えないところとあるんです。

で最近剃ろうかなと思って、ちょっとよくよく観察してたんですが、あることに気付いて、

生えてるところは、僕の弱いところなんじゃないだろうかと。

 

いや僕もう5・6年ほどヨガ習ってるんですが、

経絡っていうのがあるんですね。ケイラク。

見えない血管というか、気の通り道だそうです。でもリンパとかと関係もあるんかな。それでね、

足三里というところが胃のツボなんですが、

すねの、骨の外側に胃の経絡が通ってます。

 

そこらへんがひと際めっちゃ毛え生えてるんですよ。そこが一番ですね。

 

でそれとおなじぐらいで次に生えてるのが、

腎臓の経絡のライン!

ずっとヨガやってるなかで、腎臓は弱いほうだということはなんとなく言われてて、

別に健康に問題があるほどではないけど、

腎臓が弱いと、体の水はけが良くないので余計な水分が排出されず、よくむくんだりするそうです。いやーーん。

 

腎臓の経絡は、足の裏から、内くるぶしの後ろを通って、なんていうんですかねー、足の内側を、

すねからふくらはぎの真裏まで4分割するとして、真ん中のラインがひ臓、上のラインが肝臓、

で下のラインが腎臓となってるそうです。ちょっと誤差はあると思うので、

興味がある人はツボ調べてみてください。めっちゃ痛いですから。

 

 

なんか今ググってみたら、ひざ下の足の内側は、色んなツボがあって、やっぱりろ過してくれる内臓とか、生殖器にも通じてるみたい。

 

で、すね毛の話ですけど、その腎臓のラインにも、やっぱり割と生えるんですよー。

で押したら痛いし。

でも毛ってそこを守るために生えるんですよね?

アタマにいっぱい生えるのは守るためですよね?

ワキは、リンパ節があるからなんかなあ。ワキはなんで生えるの?

おまたは、やっぱり大事ですよね。

 

だから、胃の経絡と腎臓の経絡のラインにこぞって毛が生えてるってのは、やっぱりそこがちょっと弱くて、守ろうとして生えてんのかなって

思ったんですよね!!はいこれ!大発見!!

まあだから、ケアしてあげなよっていうか、無理しないでねっていうか、忘れないでねって、言われてるのかなっていうか笑

だって生殖器も関係してるし。

 

そうそう、中学の頃に毛が生えてきたから、剃ったんです。そしたらまた生えてきて、しかもちょっと濃くなって。

それが嫌だったんだけど、なんの意地か知らんけど、気にしてるって思われたくなかったのか、

あー、あの頃すでに「俺」って思ってたっけな?どうやったか忘れた。

とにかく剃らずに置いといた。そうそう、剃ったらもっと濃くなるで、みたいなことも母親から言われたんやっけ。

 

で夏のプールで友達に、足の毛剃らへんの?て聞かれたとき、内心ドキーッとしたけど、うーん別にー

みたいな。なんやねんそれ笑

いやホンマに今思い出したら何の意地やねん笑

 

ある時はクラブの友達がその子ん家で宿題しようって誘ってきて、その子は小学校から俺のこといじめてて、苦手な子で、

でもほいほい行くのよね。俺の好きな友達も行くっていうし。

家着いたら二人とも暑いなーとか言って、靴下脱ぎだした。俺にも脱いだら?って、そのときに、あっ、と思った。

あー俺のすね毛からかうために呼んだんやーと。

その時はもう恥ずかしくて情けなくて嫌で嫌で、今思っても帰ったれや!と思うけど、そんなことは出来なかった。

あのときどうしたんやっけ?

靴下脱いだのか、脱がんかったんか。。ちゃんと思い出されへんねんなあ。

 

なんかそんなトラウマもありーの、それを乗り越えようとしたり無かったことにしようとしたり笑

 

で、次2月1日に4曲ほどライブさせてもらうんですけど、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」をセットリストに入れてて、

まさに目に映ることは全部メッセージなんやなーと思ったワタシでした。(なんじゃそら)

 

過去のこととかいろいろ思い出してると、なんか忘れてるだけで色んなことあったなーと思う。それに捕らわれるんじゃなくて、

そういう過程を経て今の自分があるなって。

全部無かったことにするのは惜しいと思って、子宮男子としても自分の感じたことをシェアできるヒトにシェアしたいと思っています。

大学ぐらいから卒業して何年か、ずっとノート日記をつけてたので、気に入った日記をここにちょこちょこ載せていこうかなと思いまして。

とりあえず実家にあるノートたちを持ってこんとあかんのよね。

仕事辞めてから、ためこんでたものをどんどん外に出すということが主にお金の面であって、

なんにしろあるものはエネルギーとして出していく、そうするとなんかしら返ってきて、循環するんだ、ということが、

最大の勉強になりました。

ここで気づけて良かった。

本日はこれにて閉経〜〜